2018年3月1日木曜日

カフェモカ・マキアート・ウィンナコーヒーの説明



コーヒーの画像

こんにちは。篠太郎です。
本日はカフェモカ・マキアート・ウィンナコーヒーの説明をしたいと思います。
皆さんは「カフェモカ」「マキアート」「ウインナーコーヒー」という名称はご存知でしょうか。
ちなみに僕は単純なので、最初はウインナーコーヒーのことをソーセージが入ったコーヒーと思ってました笑。
マキアートやモカも聞いたことあるぐらいで、実際にはわかりませんでした。皆さんはいかがでしょうか?
以下、簡単にご説明していきますね。
■カフェモカ
材料:エスプレッソコーヒー、チョコレートシロップ、スキムミルク(ミルク)を混ぜた飲み物。チョコレートとミルクの代わりにココアを使うこともある(原材料としてはほとんど同じ)。ホイップクリームをトッピングすることが多い。
※「ホワイトモカ」は「チョコレートシロップ」ではなく、「ホワイトチョコレートシロップ」を使います。
本来、「モカ」は「モカコーヒー」のことで、そのコーヒー豆にはカカオ(チョコレート)に似た風味があり、「カフェモカ」は、チョコレートを入れることで「モカコーヒー」の味に似せたものです。 「カフェモカ」はアメリカ生まれの飲み物ですが、イタリア風を意識しており、コーヒーにはエスプレッソを使うのが本式とのこと。
ホットでもアイスでも提供される。甘くてマイルドなドリンクです。
「モカ」は「イエメン共和国」の都市の名前です。


地図イエメン共和国はこのあたり



■マキアート
材料:1ショットのエスプレッソ、少量のフォームミルク(蒸気などで泡立てた牛乳)
「マキアート」は、イタリア語で「染みのついた」と言う意味で、エスプレッソに注いだミルクの跡が染みの様に見えることから名づけられたそうです。
本来はエスプレッソにスプーン1杯程度のミルクを落としたものですが、カフェによってはエスプレッソとミルクを1:1の割合で加えたり様々なレシピで作られてます。

■ウィンナコーヒー
材料:コーヒーやエスプレッソの上に、ホイップクリームを浮かべた飲み物
オーストリア発祥のコーヒーの飲み方のひとつ。


地図オーストリア共和国はこのあたり

ウィンナは「ウィーン風の」という意味です。イタリア語ではクリームを添えたエスプレッソを「エスプレッソコンパンナ」と呼びます。

いかがでしょうか。
だいたいイメージはついていただければ幸いです。
お気に入りのカフェでは、どんな風にでてきて、味がどんな風に違うのか、自分好みのドリンクが見つかると更に日常が楽しくなるのではないでしょうか。
次回は、「器具によって異なる、コーヒー豆の挽き具合」についてご紹介したいと思います。
ご愛読いただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いしますー!